2017.8.29

office

仕事に活かせる効率のよい情報収集の方法

本日は、仕事に活かせる効率のよい情報収集の方法をお伝えします。
では、どういった方が、情報収集で時間がかかるのでしょうか。
陥りやすい失敗を4つ紹介します。

 

情報収集で陥りやすい失敗

・情報収集するツールが不適切
・不必要な情報を収集してる
・全ての情報を見る
・情報のストックを増やす

 

情報収集できるツールは、ネット以外にもテレビや雑誌、新聞などありますが、それぞれのツールには特徴があります。
テレビは映像の印象が強い。新聞は社会の情報を入手するには最適。雑誌は流行を知るには最適など、各ツールの特徴を知らなければなりません。
また、ネットで検索すると、関連ワードからどんどん情報が派生していき、不必要な情報が増えていきます。全てを見ていると情報が膨大になり、取捨が大変です。
調べて気になる情報を後で見ようと、ブックマークや切り抜きなどしてストックする方もいますが、集めるだけで見返さないのであればやめることをオススメします。

 

 

効率よく情報を収集する方法

では、どうすれば効率よく情報を収集できるのでしょうか。
こちらは7つにポイントを絞ってみました。

・情報を書いてる人を知る
・記事の言いたいこと
・事実と著者の意見を分ける
・重要な情報は書かれた時期をみる
・正しい情報がわからない時は意見を比べる
・100%の情報を得ようとしない
・情報のカテゴリ分けをする

 

内容の偏りを防ぐために、情報を書いてる人を知り、事実と意見を分ける必要があります。情報には旬があるので、書かれた時期を知りましょう。
ネット検索では、記事を検索し、記事全体の内容を把握した後、ほしいも情報を細かくカテゴリ分けしていくと効率的です。
どの情報が正しいのか分からなくなれば、いくつか比較してみるとよいです。
100%の情報を得ようとはせず、自分の方向性を決める程度に線引きすると情報収集に時間が取られずにすみます。

 

 

 

最後まで読んでくれたあなたに、より効率よく情報を得る方法をお教えします。

・情報収集自体をできるだけ減らす
・カテゴリ分けごとに専門家に聞く

仕事中で例えると、情報収集だけでは売り上げにはなりません。収集した情報を活かして売り上げに繋げていきます。
情報収集しだすと派生してどんどん膨大になるので、目的意識を持って、効率化に繋げていきましょう。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
秋田早貴子
初めまして!グラフィティーの事務兼アシスタントデザイナーの秋田と申します。 食べる事が大好き♡特に糖質を好むのでウェイトがヤバめ・・・ まだまだ未熟者ですが、日々お客様への対応やデザインについて試行錯誤しながら奮闘中です。少しずつ前進して行きますので、至らぬ点ございましたらお声掛け頂けるとうれしいです。よろしくお願いします!

Page top