2017.10.25

lifehack

イノベーションとは?

広告やデザインを作る私たちは、しばしば「イノベーション」という言葉を耳にします。
イノベーションという言葉の意味は「技術革新」ですが、本質は一般的に考えられている部分とは異なるようなので、今回この記事でご紹介します。

あなたにとってのイノベーションは何ですか?

技術革新という言葉から連想すると、iPhoneやインターネットなどをイメージすると思います。
私たちデザイナーは、DTPという技術によりパソコンでデザインができるようになったというものもあります。
他にも、音楽はCDからiTunesへ。ビデオはレンタルからネットへなど、技術革新は様々なシーンで見る事ができます。

新しいサービスや技術が発表されると、「新しいイノベーションが!」と言われがちですが、本当にそうなのでしょうか。

本来のイノベーションとは。

イノベーションという言葉の意味は技術革新ですが、本来は「技術革新により生活を変える」という事が重要です。
新しい技術を世に広めたところで誰にも使われないようだと意味がありません。
それよりも、今生活者が困っていることや、今提供することで生活者が便利になることを発信することがイノベーションのあるべき姿ではないでしょうか。

新しい技術を作るということだけでなく、過去にあった技術を組み合わせて今の生活社へアプローチすることもイノベーションです。
きっとあなたにも他の人にはない技術や知識があるはずです。
その能力を、「今」の「生活者」へ提供できる工夫を加えれば、新しいイノベーションが生まれるかもしれませんね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top