2016.3.21

gadget

インターンの実習生に教えてもらったこと

おはようございます。

グラフィティーでは、専門学校から随時インターン生を受け入れており、デザイン会社の生の空気を体感してもらいながら、業務と合わせて実習をしてもらっています。

実習生は担当者の出す課題を毎日こなし、業務の終わりに日報を提出してもらっています。
その日にやった業務。新しく出来るようになったこと。できなかったこと。そして、担当者への質問を書いてもらい、その質問には実習生が満足する答えで返答します。

インターンの受け入れは割と苦労することもありますが、この質問に答える事が意外と勉強になり毎日楽しみにしています。

『ロゴ制作の考え方がわかりません』『デザインを完成させる流れにセオリーはありますか?』といった基礎的で素朴な質問ですが、普段考えもしない事こそ仕事をする上で重要だったりします。

よく初心に帰ると言いますが、毎日初心を思い出してくれる日報の質問欄は私に刺激と教養を与えてくれるのです。

弊社のインターン席はまだ空いていますので、一般のデザイナー希望者はお問い合わせフォームからご連絡ください。デザイン会社での貴重な体験とともに、デザイナーからのアドバイスが受けられますよ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
橋口圭一郎
他業種を転々としながら、やはりデザインに関わる仕事がしたいという思いが強くなり、デザイン業界に飛び込みました。 グラフィティーでデザイナーとして仕事をしながら従業員やお客様からの意見に勉強の毎日です。 蓄積してきた経験を元に、クライアント様、エンドユーザー様にも伝わるデザインを心がけ、仕事に向き合っております。

Page top