2016.5.28

recommend

Macにインストールしておきたいおすすめの無料ソフト【システム系の巻】

こんばんは松尾です。
Appstore経由で便利なソフトがたくさん出回っていますが、無料のソフトで使えるものがたくさんあります。
Macを新しく買ったり、バックアップがなく初期化する必要が出た時など毎回探す手間を省くためにこちらのページに保管を兼ねてご紹介させていただきます。
メンテナンス系

IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使っていると、だんだんMacが重くなってきて作業効率が落ちてきます。こちらのメンテナンス系ソフトを使えば、再起動せずにメモリを解放したり不具合が起きていたMacのシステムを最適化することができます。

Auto Memory Cleaner

  • モリはMacがアプリケーションを処理するために、一時的にデータを記憶しておく場所です。BaffaloのサイトではCPU=作業する人、メモリ=作業机、HDD=本棚と表現しています。作業机を綺麗にしておくと作業効率がアップしますよね。
    Auto Memory Cleanerならメモリの空き状況をメニューバーに表示させ、自動的に解放もしくは空きが少なくなった時に手動で解放ができます。
    メモリの空き状況がリアルタイムで見えるので、「自分のMacにはもう少しメモリを足しておいたほうが良いかなぁ」と言う事もわかってきますね。

    挙動が遅くなったら、Clean Memoryをクリックするだけで解放できMacがサクサク動きます。

Free RAM Booster

  • こちらもメモリ解放のソフトですが、自動解放のみのシンプルなソフトです。メニューバーに残りメモリが表示され、あらかじめ設定していた残り数値になると自動的に解放しメモリの空きを増やします。
    アプリケーション別のメモリ使用状況は表示できませんが、面倒臭がりの人にはオススメです

OnyX

Macのメンテナンスと不要ファイルのクリーニングを一度にできるソフトです。
ディスクユーティリティのようにディスクの検証やデスクトップの再構築をすることができます。また、ディスクユーティリティでは行えない不要データの削除ができるのもポイントです。
onyx-13

MAGICAN

  • 以前にも紹介したことがあるソフトです。Macにもインストールされる可能性のあるトロイの木馬を検出し駆除できるほか、不要ファイルのクリーンアップ、起動項目の管理、その他ハードウェアの情報を表示してくれます。

システム補助系

Macの初期設定に少し手を加えるとより使いやすい自分だけのマシンになります。
カスタムが進むと、長年手を加えたリーバイスのデニムやレッドウィングのブーツのように味のある愛着湧くMacに仕上がります。

Google日本語入力

ご存知Googleは検索だけではありません。インターネットから辞書情報を取得しているため、一般的な用語に加えて様々なスラングも表示してくれます。Google検索で誤植した時の「もしかして◯◯?」もうれしい機能です。
インストールすると、入力ソースに(Google)と表示されたソースが現れるので、ことえりのソースは削除して大丈夫です。

Dash (Docs & Snippets)

iPhoneなどで入力をしていると、「こん」と打つと、以前に入力した「こんにちは」と予測変換してくれる機能がありますが、それに似たソフトです。
スニペットと呼ばれる機能で、スニペットとは日本語で断片という意味です。
よく入力する文章と呼び出す単語を登録しておけば、自動的にその内容のテキストを表示させる事ができます。
※インストール後使う前に下のようにMacのシステム設定が必要です。

例えばこんな事ができます。
このように設定しておくと、

,m と入力するだけで、自分のメールアドレスの
matsuo@graphity.co.jp
と表示されます。



cssなど長いタグを入力するにはもってこいのソフトなので、こんな事も。

気に入ったボタンのcssができた時、他の仕事でも使いたいということがあります。
テキストエディットに登録しておいても良いですが、このように設定しておけば、
,button と入力するだけで、自動的に240行のcssを入力する事ができます。

Kopypasta

過去にコピーしたクリップボードの内容を表示して選択してペーストする事ができます。
コピーして貼り付け場所を探している時に、違うものをコピーしてクリップボードの内容を上書きしてしまった経験は誰にもあると思います。このソフトはコピーしたクリップボードのバックアップのような使い方ができます。

※ご注意ください。
こちらのソフトはIllustratorと大変相性が悪いので、テキスト入力作業をする時のみActiveにしてご利用ください。
例えば、ベクターオブジェクトをコピーしても、別のアプリケーション(例えばPhotoshop)にはペーストできなくなります。これは、ソフトの機能によりコピーデータがテキスト化してしまうせいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。無料でこれだけカスタマイズできるのであれば、いろいろ試してみたくなりますね。
デザインの仕事をしているとMacの挙動に仕事の進行が左右されますので、私はメンテナンス系のソフトを中心にインストールしていますが、ソフトとMacの相性によって動作が不安定になる事もあるので、インストール時は必ず配布元の説明をよく読んでご判断ください。

いかがでしたか?
今回はシステム系の巻としましたが、次はまた別のジャンルのソフトをご紹介しますので、このサイトをブックマークしておいてくださいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top