2016.3.25

design

透明な水を切り抜く動画の裏側

こんにちは。松尾です。

息子がこないだのミニバスの試合で出場出来なかった事にすごく悔しがっていました。

4年生で出られなかったのは、息子だけで、他の子達は6年生最後の舞台となった試合に出場し楽しんだのに、息子だけ出られなかった事に私も悔しい思いをしています。

モンスターな親なら電凸でしょうが、私は大人なので、次のジュニア大会で活躍するように毎日息子とトレーニングをしています。

20分ほどランニングして、バスケットゴールのある公園に行き、基礎体力向上のための練習と、実践で使えるテクニックを教えています。

実は今週末が試合なので、結果はまたブログでお伝えしますね。

さて、先日のこの動画を覚えておられますでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=0qntd99E__o

弊社スタッフによる6秒への挑戦シリーズで、公開しました6秒で透明な水を切り抜くというテクニック動画です。

これはズルをせずちゃんと6秒で切り抜いていますので、今回はその方法をお伝えしたいと思います。

透明な水の切り抜き方法

透明な水の切り抜き方法

1.透明な水の素材を用意する

2.透明にした事が分かるように、背景にデザインを入れました。

これで透明化が成功すると水の後ろにキラキラした黄金テクスチャーが現れます。

3.チャンネルパレットのRGB部分のサムネールを⌘+クリックで選択範囲を作ります。

チャンネルパレットの⌘+クリックは「そのチャンネルの白い部分を選択範囲にする」というものです。

よく、レッドチャンネルだけで選択範囲を作るなどをCGの作業中に行う事がありますが、

実はRGB全てのチャンネルを組み合わせたRGBチャンネルで選択範囲を作るという事も可能だったのです。

4.選択範囲を反転(⌘+i)

水部分を切り抜きたいので、選択範囲を反転(⌘+i)します。

すると、白い部分以外を選択した事になりますので、水だけが選択された状態になります。

5.レイヤーマスクを追加

最後はお察しの通り、選択範囲で水レイヤーをマスクします。

すると、水の白い部分だけがキレイに抜かれて、色の部分だけが残った水素材が仕上がります。

近づいて見ると、うっすら白い部分はうっすら透明にしてくれてますね。

スクリーンショット 2015-02-02 13.27.52

いかがですか?

水の素材は優しく自然な印象を与えるためいろんなデザインで活用出来ます。

是非お手持ちの水素材で試してみてください。



※優秀な方は分かると思いますが、このテクニックを実行するには背景が白である必要があります(汗)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top