2016.4.28

lifehack

仕事の休憩時間にやるべき事が判明!!!!!

こんにちは。松尾です。
ようやく私の元に壊れてしまったメガネ様が戻りました。
トレードマークの黒縁メガネで今日もMacに向かい合っていますが、火曜日と金曜日は部活(ジムでのバスケ)のためコンタクトを続けることにします。

みなさんは仕事の休憩時間はどのように過ごしていますか?
お昼ご飯を食べるのは15分〜20分程度でしょう。残りの40分は何をしていますか?
弊社のスタッフの様子を見ると、

100均でお買い物(池田)
カフェ(岸本)
Web漫画(柴田)
ネットサーフィン(高橋)
お昼寝(樋口)
休憩中も仕事(松尾)

それぞれ個性が出てるような気がします。

さて、最近の研究で仕事の休憩時間にするべき事が判明しました。

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

「歩き回る」

だそうです。

何も考えずにぼーんやりしている時、脳は自動車のアイドリングのように無意識に重要な活動をしているそうです。

この時の活動に費やされている脳エネルギーは、なんと通常の作業中の20倍相当らしいのです。

歩き回るのが良いというのは、歩くことで景色が変わり目が休まり気分転換にもなる。体を動かす事で脳がアイドリング状態になるのを防ぐそうです。

 

ということは、休憩だからとわざわざぼーっとしたり、昼寝したりするより動いた方が良いという事ですねぇ。なるほど、昼寝はダメなのか。ん???昼寝している人が居たような。。。。これは心を鬼にして、昼寝しているのを叩き起こし寒空の下でマラソンでもさせないといけませんねぇ。

まとめ

 

私たちのようなデスクワークの休憩は、スポーツ中の休憩とは異なり頭を休める必要があります。休憩時間だからと必要のないリラックスは余計に疲れるという事ですね。場合によっては休憩しないという方が良いとも言われています。

私の休憩なしというのが意外と正解だったのかwww

さぁ。樋口さん。明日からマラソン頑張りましょうねwwwwwwwww

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top