2016.1.25

lifehack

シャッタースピードの話

前回の写真関連の記事ですが、

予想以上の反響を頂きまして

とても気分が良かったので、

また調子に乗ってキャメラのお話をさせて頂きます!



ただ、そんなんわかってるわ。って方は

そんな怖い顔をされずに静かにスルーしてください!

傷付きやすい性分ですので…





前置きはそんなところで、

今日はシャッタースピードのお話をさせて頂きます。



シャッタースピードとはいわゆる
1秒間の内の何分の1で空間を切り取るか。
ということなんです。

なんかかっこいいでしょ。

たとえば、

時速30kmで疾走するバイクを

1/1600で撮影した場合。

完全に止まってます。

もうずっとそこにいたかのように、ただ、止まっています。

基準的な考え方として、1/1000以上のシャッタースピードがあれば

なんでも止まって見えます。





おつぎは、

時速50kmくらいで疾走するクレージーなバイクを

1/20で撮影した場合。

ぶおぉぉぉぉぉぉぉぉん!!!!

言うてます。





なぜこんな画ができるかというと、

カメラって、

基本的に撮るとき以外は目をつむっているんですね。

シャッターボタンを押したときだけ目を開けて

その光景を焼き付けるんです。

だから

上で例えた1/1600のシャッタースピードなら


早いまばたき。



ということ。



1/20のシャッタースピードなら


ゆったりしたまばたき。



と言うことなんです。



ぜひみなさんも動いているものを撮るときは

コレをおもいだして、

しっかり脇をしめて

photo lifeに勤しんでくださいませ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
okinakazion
あんたなにさまかっぱさま(あだ名)は5度の飯よりおもしろいことが好き。 趣味はカメラになること。 好きなことは躰を張ってあなたの喜ぶ顔を見ることです。 そんな私は現在フリー(22年間)で活動しています。 あて先はantananisamakappasama@gmail.comまで。 人(女性)限定です。どぅしどぅしご応募おまちしております!

Page top