2016.5.7

design

【テクニック】アンディーウォーホル風2階調イラストの作り方

アンディーウォーホルを彷彿とさせる2階調のイラストを簡単に作る方法を見つけました。ブログなどのプロフィール写真にもぴったりなので、是非試してみてください。

※PhotoshopとIllustratorでの作業を前提としています。



①元になる画像をPhotoshopで開き、適当なエリアでトリミングします。今回はブログのプロフィール写真を前提にするので正方形に近い形にしました。

②開いた写真を メニュー → イメージ → 色調補正 → 2階調化 でモノクロ写真にします。この時点である程度仕上がりに近くなるはずです。

③チャンネルパレットを開き、R、G、Bいずれかのチャンネルで選択範囲を作ります。Macなら⌘+クリック WindowsならCtrl+クリック

今回は黒い部分をイラストにします。選択範囲は白い部分で作成されるため、選択範囲を反転させます。 Macならshift+⌘+i Windowsならshift+Ctrl+i

④パスパレットを開き選択範囲でパスを作成します。パスを作成すれば、Illustratorへ作業が以降でき、色やサイズも自由に変えられるようになります。

⑤パスをコピーし、Illustratorへペーストします。ペーストするとダイヤログが現れるので、複合シェイプ(編集可能)を選択します。

f:id:graphity:20131111221041p:plain

⑥ペーストしたパスは透明になっているので、塗り黒などで色を付けます。

このままでは輪郭がガタガタしているので最後に仕上げを加えます。

⑦パスを選択している状況で、メニュー → オブジェクト → パス → 単純化 を選択します。

⑧単純化を設定すると、元のパスのアンカーポイントを自然に減らしてくれます。アンカーポイントが減るという事はガタガタ感が減り、シンプルなイラストになるという事です。プレビューにチェックを入れて仕上がりを見ながら数値を調整します。

⑨これでよしと判断したらOKボタンで完成です。

⑩Illustratorのパスとして完成しましたので、色も自由に変える事ができます。

とても簡単にアンディーウォーホル風の2階調イラストが完成しました。素顔ははずかしいというシャイな方はこんな方法でプロフィール写真を作ってみてはいかがですか?

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top