2014.5.6

tools

データにもクローンを!バックアップのバックアップにピッタリな外付けHDD

デザインだけでなくデータを扱う業種であれば、データのバックアップは必須です。

ひと昔前まではMOやDVDなどに月別、クライアント別などで少しづつデータをコピーしていましたが内蔵外付け問わずHDDの価格も安くなりまし た。また、 FIREWIRE、THUNDERBOLT、USB3.0など、データコピーの際の接続規格も年々強化されていますので、コピーが終わるのに数日マシンの 電源をつけっぱなしという事も少なくなりましたね。

 

しかしそのバックアップしたハードディスクですら壊れる可能性がありますので、バックアップのバックアップをしておくと安心です。

弊社もお客様にご依頼いただき作成させていただいたデータは、

① Macの内蔵HD

② ①をバックアップする外付けHDD

③ ②をバックアップする8TBの巨大Raidで設定した外付けHDD

と2重バックアップで保管しています。

 

しかしこの方法も完璧ではありません。

例えば弊社が災害でビルごと倒壊してしまうと、バックアップのバックアップごと復帰ができなくなってしまいます。※その時はバックアップから復帰するための社員の命も危ないですが(((;゚Д゚)))

 

こんな時に便利なのが最近流行のクラウドストレージサービスです。

インターネットを使った仮想の外付けHDD感覚で使え、さらに無料のものもたくさんありますので是非利用しましょう。

有名な所では

  1. Dropbox
  2. SugarSync
  3. Googleドライブ
  4. SkyDrive
  5. iCroud

などでしょうか。

私がふだん使っているのは①のDropboxです。

一度設定してしまえば、あとはパソコンの電源がついている限り、勝手に指定のフォルダのクローンを作成してくれます。さらにアカウントを別のパソコ ンにも設定してログインすれば、違う場所で同じデータが見れるようになります。「仕事が山積みだから続きは自宅でやろう」という時にこの機能がすごく便利 です。

パソコンには外付けHDDでバックアップを取り、保険にこのようなストレージサービスを使いバックアップのバックアップを取っておくと安心出来ますね。何かあればいつでも過去に作ったクローンが助けてくれるはずです。

 

紹介したDropboxに相性ピッタリの外付けHDDが10月にリリースされています。

http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=870

USB3.0で接続でき、容量は2TB(14,800円)、3TB(17,800円)、4TB(25,800円)の3種類。価格も安いので、万一の ためのに是非導入してはいかがでしょうか。ウチの会社もバックアップのバックアップのさらにバックアップに導入を検討してみます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。

Page top