2016.5.2

design

【テクニック】photoshopでもっふもふの文字を作ってみた

海外サイトで以前から気になっていたphotoshopのテクニックを試してみました。

これを使えば、どんなギスギスした文字でも、もっふもふのかわいい印象に早変わりします。

参考

http://abduzeedo.com/easy-furry-text-photoshop

 

今回は弊社社名のGRAPHITYを短縮してGRFTで試してみました。

まずは「毛」の素材を探します。今回はこの猫の毛を借りる事にしました。

文字で選択範囲を作り、猫の毛をマスクします。

ブラシツールで、輪郭をなぞります。この時のブラシの形は草型を選び、ブラシプリセットのシェイプで下のような形に整えます。

なぞり終わると仕上がりが見えてきます。

シャドウ内側(ソフトライト)などのレイヤー効果を加えて深みを出します。

背景に色を付け、影を落とせば完成。

文字を変えてもこのとおりもっふもふです。

ブラシでなぞる部分が少し手間でしたが、テキストオブジェクトで選択範囲を作成し、作業用パスを作成→パスの境界線を描くで草型ブラシを選択するとわりと楽にできました。



もふもふさせたいタイトルに是非どうぞ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
graphity
広告を中心としたグラフィックデザインや、Webデザイン、ブランディングが得意です。流行り物だけでなく古き良きカッコイイものが大好きです!