女性専用パソコン教室 ポスター広告

ワルツパソコン教室 ポスター mos案

企業の採用担当者はマイクロソフトofficeの操作スキルを重視している傾向があり、その資格を取ることで大学生の目的とする就職に役立つということを伝えたいとクライアントから要望があり、今回のデザイン案を作成しました。

mos資格というパソコンをよく使う人にしか伝わらないキーワードを、耳障りは同じでもっと身近なハンバーガーショップを連想させて目に止まる仕掛けにしています。

予算の都合上モデルとカメラマンを入れての撮影が難しかったため、弊社スタッフをモデルにしてビジュアルを作成しました。

デザイン案決定までのプロセス

クライアントとのヒアリングあと、社内ミーティングで解決するための広告案をブレストします。
この段階では、どんなデザインなら要望を叶えることができるのか?とうざっくりとしたもので、レイアウトやキャッチコピーなど具体的なものは考えません。
「大学生がパソコン教室に行くのは、就職したいからじゃないか?」「ターゲット世代の主婦に響くのは、こどもの写真データを管理したいのではないか?」など課題を見つけたり、「mosがあることの重要性を訴えばいいのではないか?」などの訴求ポイントのアイデアをスタッフで集まり考えていきます。

ビジュアル案の作成

ワルツパソコン教室 デザイン案-お悩み モノクロラフワルツパソコン教室 デザイン案-mos モノクロラフワルツパソコン教室 デザイン案-スマホ モノクロラフワルツパソコン教室 デザイン案-合格 モノクロラフ

ワルツパソコン教室 デザイン案-体験 モノクロラフワルツパソコン教室 デザイン案-どっち モノクロラフ

このようにラフデザインはカラーではなくモノクロで作成します。
これは、クライアントが色のイメージだけで判断をしないための配慮です。
例えば、クライアントがもともとピンク色でイメージしていた場合、良い方向の切り口で考えたデザイン案がブルーで作成していると、「ピンクではないからダメ」という理由でボツになることがあります。好き嫌いという本来大切でない部分で判断されないように、このような状態で検討に入っていただきます。

今回は6つのラフデザインから「就職に役立つmosを取ろう」案が採用されポスターとなりました。
実は、この案以外にも、「パソコンが使えないと大変なことに」案、「今だけPC授業無料体験実施中」案が採用となり、チラシ広告としてデビューすることになりました。
そのデザインはこちらです。

チラシでデビューした他のデザイン案

ワルツパソコン教室 デザイン案こちらの版も大学生の生徒をターゲットにしたものです。近頃スマートフォンの普及により、スマホは使えるけどパソコンが使えないという方が増えているそうです。

企業では、スマートフォンで仕事をする環境が整っていないところが多いため、事務関係の仕事に就くためにはパソコンが必要ですよ。と面白いビジュアルで注意喚起させる訴求になります。

ワルツパソコン教室 デザイン案ターゲットを「女性」という大きなくくりにして、汎用性をもたせた版です。

無料というお得なワードを力強く押すことで、「ただなら試してみようかな」という気持ちにさせます。

以前は文章の多い説明的なチラシを配布されていましたが、広告は興味のない相手に対して猛烈にアプローチしてようやく見てもらえるということを理解いただき、チラシの役割を「問い合わせしてもらう」ことに特化させることでこの版を完成させました。

まとめ

グラフィティーでは、小さな店舗のチラシでも全員で真剣に悩み、少しでも良い切り口で、面白いビジュアルにできるよう考えさせていただいています。
広告を試してみたいけどどう進めれば良いかわからないという方だけでなく、今まで広告をしてきたけどなかなか良い結果が現れないという場合も、私たちが一緒に悩み解決の糸口を見つけますので、ぜひご相談ください。

制作区分

クライアント

 ワルツパソコン教室 様

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
土手内僚
こんにちは!ダンス、DJ、グラフィティー等ヒップホップ文化をこよなく愛しています。どってぃーです。グラフィティーでは新人なのでフレッシュに頑張ります!よろしくお願いします!

Page top