鮮度の高い魚の料理と日本酒を提供する居酒屋で、LINEを導入しリピーターの促進を測ったところ、1ヶ月という短期間で売り上げを100万円アップされた事例がございます。
顧客が常に手元に置くスマートフォンに直接アプローチできるからこその反応率です。

導入の経緯

店舗経営での課題は、いかに空席を埋めて、忙しい時間帯の売り上げを閑散としている時間が足を引っ張らないように仕組みを作るか。
1日の流れもそうですが、1週間、1ヶ月といった単位でも売り上げの波の下げ幅を減らすことが重要です。
これからすぐに席を埋めたい、週の半ばは売り上げが落ちるので来店を促したい、と言う時に、リアルタイムに顧客にアプローチできるLINEがピッタリだと判断し導入されました。
飲食系のポータルサイトにも情報を掲載したり、チラシの配布で集客をしても、顧客には数ある店舗から自店舗を選んでもらわなければならず、伝えたい情報が伝わりにくいため改善できる策を探していたそうです。

成功の決め手

顧客が欲しがる情報=オトクな情報と設定し、週替わりのクーポンを配信したところ、友だちの数も増えていき、認知度が高まった事を実感されました。
また、友だちの数に対して、どの程度クーポンを利用されたのか、どのようなメニューのクーポンが人気なのかを数値化し、反応の良いクーポンを配信するよう心がておられました。
LINEの管理画面で状況が一目でわかるため、苦労は特にされずに分析ができたそうです。

友だちを増やす秘訣は?

LINEはQRコードから簡単に友だち登録ができるため、ショップカードやお店でお客様が利用されるツールにQRコードを印字して提供しました。
また、店内のポスターやポップには、友達登録を促すのではなく、登録後に提供する特典をアピールする事で積極的に友だち登録しようという意識になっていただきました。
スタッフにも、1日の友だち増加数を意識してもらい、声かけの運動をすることも増加の秘訣だと思います。

利用者を増やすためには

お得な情報がLINEで届くといった抽象的なものではなく、できる限り具体的な内容にしました。
例えば、料理の内容や産地、健康面や旬の情報など、文字量が多いと読んでもらえないかと心配もしましたが、お客様は意外としっかりと読んでくれています。
来てくださいといった、発信側の都合ではなく、行きたくなるという工夫をしながら配信しています。