2018.5.9

lifehack

2018GWの活動報告

今年のGWはDIYでの家具づくりはしませんでした。

松尾です。

毎回連休になるとDIYで家具を作ったり、事務所の改造をしています。

今年のGWも何か作ろうかと考えていましたが、今回のGWはお休みしました。

では、今回のGWで何をしたかと言うと・・・

マニラへ行ってきました!IMG_4829

発展途上国のフィリピンの首都マニラでデザイン会社を立ち上げたいという方のお手伝いのため、現地で働くデザイナーさんにデザイン研修をしながらクリエイティブや考え方を分析するのが今回のミッションです。企業実習のインターン生以外に研修を行うのも初めてなのでワクワクしながら資料を作成していました。

53日から連休明け初日の7日朝までGWの間、日本を離れてたっぷりと仕事と観光を楽しんできました。

5月3日

飛行機は夜の出発だったので、朝から午後まで片付けられなかったデスク周りを整理して、夕方にいざ出発!

バスに一本乗り遅れて、ギリギリ滑り込みで飛行機に乗ることができました。

さらばJAPAN!

IMG_4720

IMG_4727

IMG_4731

飛行機に乗るとなぜ何かを食べたくなるのか。

今回はぶっこみ飯をいただきました。

 

土曜日に小学校から帰った後、吉本新喜劇を見ながら食べた、ラーメンの残り汁にご飯をぶっこんで作った雑炊を思い出します。

 

 

IMG_4744

マニラに到着。

日本よりもだいぶ南にあるのに、涼しい国だなーと空港内で油断していたら、、

IMG_4762

暑い。

夜なのに暑い。

空港のクーラーに騙されました。

マニラは暑すぎます(汗

IMG_4769 IMG_4767 IMG_4768

この日は深夜に到着したので、依頼主の会社の現地スタッフMr.Fukuyamaと合流し、すぐにシェアハウスに移動し就寝しました。

 

IMG_4773 IMG_4778 IMG_4779

5月4日

マニラは世界でもトップレベルの交通渋滞を起こす国です。

鉄道もないので、何時からどこで会議と決まっているときは1時間程度前に到着するのがセオリーです。

移動中、少年たちが道路に座って何かをしていたので、Mr.Fukuyamaに質問すると

「道路工事ですね」

だそうです。

手動で道路工事とは、マニラの若者たちヤバすぎ。

IMG_E4790

昼からの講習できたが、朝には出発し研修場所近くのショッピングモールで、時間をつぶしました。

なんとなく日本のショッピングモールに似ていますが、

IMG_4795

IMG_4801

IMG_4810

IMG_4815

ポスターやサインは「海外やなーーーー」というものばかりでした。

IMG_4813

IMG_4802

IMG_4800

謎のマリオ人形も「海外やなーーーーー」

IMG_4808

デザイン研修スタート

いよいよ今回の目的である現地デザイナーとご対面です。
フィリピンではトップクラスの大学を卒業した優秀な若い女の子に対して、高卒の私がデザイン研修を行いました。
日本の現場で培った日本なりのテクニックではこの子たちの仕事に役立たないと思い、世界共通のデザイン思考について熱く語りました。
発展途上国の人に対して、日本人のような熱心さはあるのかな?と疑問に思っていましたが、真剣な顔で話を聞く様子や怒涛の質問ラッシュに、デザイナーの好奇心に国境は関係ないのだなと感じました。

IMG_4833

IMG_4830

IMG_4839

IMG_4843

IMG_4847

IMG_4849

昼から夕方までみっちり研修したあと、シェアハウス近くの韓国料理屋(なぜ!?)で依頼主、Mr.Fukuyama、Mr.Fukuyamaのガールフレンドと4人で食事をしました。

 

IMG_4902

 

 

 

ふだんからお酒を飲む私は、現地のビールをいただきましたが、どうもシャバシャバしてるというか薄い印象がありました。
(これでは酔えないな)と思っていましたが、何か混ざっていたのか昼間の暑さで流した汗によりアルコールの吸収がヤバかったのか、食事が終わって部屋に戻った瞬間眠ってしまいました。
ちょっと寝たらゲームしましょうと約束していたMr.Fukuyamaごめんなさい。

5月5日

安い日程でゲットしたチケットの飛行機に乗るため、7日まで帰国できません。
この日は現地でガイドをしてくれたMr.Fukuyamaに案内されて、マニラ市街を観光することにしました。

「何をしてみたいとかありますか?デザイナーさんなんで美術館とかですかね?」という質問に、

 

 

「ピストル撃ってみたい!!!!」
と即答し、市街地にある拳銃が打てる施設へ!

タクシーをGrabというアプリで呼び移動しました。

 

スクリーンショット 2018-05-09 13.44.16

 

このGrabは非常に便利で、英語が苦手な私には必需品になりました。
アプリでタクシーに来て欲しい場所と目的地を設定したら、近くにいるドライバーが迎えに来てくれて運んでくれるというサービスです。
距離で設定された金額をアプリに設定したクレジットカードで支払うため安心です。

シェアハウスからタクシーで30分程度走ってマカティーという街に着きました。

シェアハウスはイーストウッドと呼ばれるアメリカを意識して作られたニュータウンですごくおしゃれです。

 

でも、すこし離れた場所では、やはり発展途上国風の街並みが広がりました。

IMG_4907

 

IMG_4911

 

IMG_4912

 

 

驚くほどの貧富の差です。

先進国のわたしたちは、この人たちの苦労があって、今のような豊かさがあたりまえな生活ができていることを忘れてはいけません。

お昼はJollybeeというファストフードで。

IMG_4929

 

 

 

IMG_4798
このJollibeeですが、フィリピンではめちゃメジャーなレストランらしく、どこにでもあります。
「大手の金融機関よりも多いんですよ」と教えてもらいましたが、そんなどころじゃないくらい多いです。
日本の全部のコンビニよりもあるんじゃないかというくらいに。
現地の人はチキンとお米が大好物らしく、ケンタッキーのようなチキンとハンバーガーではなくライスを食べます。
郷に入りては郷に従え、虎穴に入らずんば虎子を得ずということで、そちらをいただきました。

IMG_4934

そして、コーラをひっくり返しましたwwwwwww

コーラびちゃびちゃで美味しかったです。

いよいよピストル場に到着。

拳銃がたくさん飾ってます。
IMG_4937
IMG_4936

 

IMG_4939

1ペソだいたい2円くらいなので、安い拳銃なら5万円くらいで買えてしまいます。

IMG_4941

一つ欲しかったですが、「飛行機に乗せてもらえませんよ」というアドバイスに応じてやめておきました。

人生初の発砲

受付を済ませてしばらくすると名前を呼ばれて、初の発砲です。

スタッフが扱い方を丁寧に教えてくれて、

 

IMG_4952   IMG_4954

バーーーーーン!

IMG_4961

ヘッドホンをしていても「ピャーーーーーン」と聞こえるほどの爆音と衝撃でした。

ゲームの様に片手でバンバン撃てるような衝撃ではなかったので、バイオのクリスすげーなという印象でした。

十分にハンドガンの発砲を楽しみましたが、

「!?」

IMG_4943

「ショットガンもあるんですか!?」

「撃ちますwwwwwwwww

ということで、ショットガンにもチャレンジ!

ハンドガンと扱い方が違います。

衝撃もハンドガンより大きいそうで、銃のお尻を肩に当てて、ほっぺでホールドして発砲します。

IMG_4966

IMG_4970

そして、

「ズダァアァァーーーンっっ!!」

IMG_4230

反動やばかった。

肩もってかれそうでした。

でも、

「快感っっっ!!!!!!!」

的を蜂の巣にして、大満足でした。

IMG_4981

この日は、Mr.Fukuyamaと日本料理屋(なぜ!?)で食事し、シェアハウスに戻りました。

5月6日

フリーの日です。

Mr.Fukuyamaはガールフレンドとデートらしく、英語が喋れない私はひとりマニラの地に放り出されました。

これは英語を勉強するチャンスだ!と、一人で夜まで遊ぶことにしました。

午前10時に部屋を出て初の一人食事です。

カフェで微妙なサンドイッチとコーヒーをなんとなくの英語で注文すると無事出てきました。

味も微妙でしたが、達成感で満足です。

IMG_5008

IMG_5010

その後例のGrabでタクシーを呼んで、マニラの観光地サンチャゴ要塞とマニラ大聖堂へ。

現地に到着するとウィルスミス風のマニラ人が寄ってきました。

xkanenw4n onaskdnag ksdnga ksaln kletn uwen tiensa knxxxxxxx?

どうやら、このあたりをガイドしている人のようです。

IMG_5025

「このあたりを一人で観光したら6時間かかるぞ。おれなら30分でガイドしてやる」

と言っているような感じでした。

How Mach!?

と、わかる英語をドヤ顏で伝えると、

350ペソ」

と答えがきました。

観光地の写真が一覧になったパネルにもたしかに350ペソと書かれていました。

日本円で約700円です。

英語の勉強にもなるし

OK!Let’s Go!!!!

とガイドしてもらうことにしました。

現地の人はこんなに暑いなか安い金額でガイドで生計を立てるとは、たくましいなぁと思いつつウィルスミスについて行きました。

移動はサイドカー付きの自転車です。

彼はこの自転車を「ランボルギーニだ」と言っていました。

「じゃぁ、君の足は優秀なエンジンだな!」

とジャパニーズジョークをかましてやると爆笑していました。

マニラ人はゲラのようです。

IMG_5072

さすがマニラ人、大聖堂の歴史や要塞の歴史など詳しく紹介してくれました。

IMG_5016 IMG_5022 IMG_5027 IMG_5032 IMG_5045 IMG_5054 IMG_5062 IMG_5078 IMG_5089

世界大戦の時の悲劇や、地震での建造物の崩壊などこのエリアはとても深い歴史があるようです。

途中気づきましたが、30分どころではない時間ガイドしてくれていました。

「このガイドさん時間わかってんかな!?」まぁ350ペソやしええか。

IMG_5106 IMG_5091

観光おわり

ひととおりの観光を終えると、

「これからどこに行くんだい?」

と聞かれたので、

「ハラが減ったのでご飯でも行こうかな」

と伝えると

Together!?

と言ってきたので、

OK!」(だって350ペソで3時間も付き合わせて悪かったしな)

と一緒にランチに行きました。

IMG_5117 IMG_5121

現地では高級なスペイン料理お店ではビュッフェスタイルでいろんな料理を楽しめました。

一人1200円くらいで、日本のビュッフェスタイルの飲食店と比べたら格安です。

食事中、彼の家族の話や日本の話で盛り上がりました。

「最近流行ってるこれは知ってるか?」

と、ポプテピピックの動画を見せると、苦笑していました。ゲラだと思っていましたが、どうもこの笑いはウィルスミスには通じなかったようです。

お支払い

食事を終えてお店を出て、

「今日はありがとう、じゃあ約束の350ペソ」

と差し出すと、

「ノーノー、30分で350ペソだから、3時間で2100ペソだよ。でも君はいいやつだから食事の時間はサービスしてやる」

「!!!!!!」

たしかに、最初に差し出されたパネルを改めてみると、30分で350ペソと書かれているっぽいです。

「負けろ!」というのは大和魂に反すると思い、機嫌よくペソを支払って、帰りのタクシーが来るまでお話ししました。

Facebookでも友達になり、今後マニラに行くことがあったらまたウィルスミスに会いたいです。

IMG_5129

Grabで呼んだタクシーに乗り込み、シェアハウスのあるイーストウッドに戻りました。

軽く食事をしようと街を散策すると、小さい時に大好物で今は日本を撤退したDailyQueenを発見!!!!

IMG_4879

ここのチョコレートアイスは世界最強だと信じているので、ひさしぶりにいただきました。

IMG_4881

おいしかった。

そのあとケンタッキーで、日本ではなかなか見られないチキンとスパゲティのセットを食べてシェアハウスに戻りました。

IMG_5149

IMG_5150

Mr.Fukuyamaが部屋に置いてくれていたPS4で時間をつぶし、翌早朝に飛び立つ飛行機に乗るため早めに就寝しました。

5月7日

3時起床

Grabでタクシーを呼ぶ

4時到着

7時半の出発まで空港で眠っていました。

GWのマニラ旅行がいよいよおわりです。

さらばマニラ、

さらばデザイナー

さらばJollybee

さらばショットガン、

さらばウィルスミス。

たくさんの思い出をもらったマニラを飛び立ち、12時間かけて大阪の会社に出勤です。

IMG_5164

 関西国際空港に到着した最初の印象は、

「寒っっっっっっっっっっっっ」

前日から雨が降っていたようで、とても寒かったです。

GWおわり

 3時に起床して15時に事務所に着くと、たまった仕事と夕方にある会議の準備でフルスロットルで働きました。

マニラにまた行くことあるのだろうか。また行くのであれば、こんどは英語ペラペラでもっと楽しみたいなー。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。