2019.4.4

LINE

新規顧客の再来店率60%!電話不要となった美容室

導入の経緯

軽く興味をもって、LINE@を申し込みましたが、半年間は使い方を決めきれず、活用していませんでした。
費用対効果を試すために、電話やメール、ハガキで行っていたお客さまとのコミュニケーションを
LINE@の「1:1トーク」(LINE問い合わせ)機能を使ってやってみることにしました。
結果は、あっと言う間に友だちも集まり、今では無くてはならないツールとなりました。

成功の決め手

「1:1トーク」で、チャットのように反応をいただくことができるようになりました。
新規のお客さまに送っていた手書きのハガキもなくし、電話やメールでのご案内もほとんどなくなりました。
それによりハガキのコストダウンはもちろん、スタッフ1人あたりの生産性が非常に高まりました。
LINE@の活用により、電話がほとんど鳴らなくなり、施術中にスタッフが電話対応に走ることもありません。
各スタッフが自分のサービスに集中できるので、お客さまにとっても質が高く気持ちのいい空間を作りだせていると思っています。

友だちを増やす秘訣は?

100円割引特典のポップをつけたA4サイズのLINE@ポスターを設置し、スタッフから必ず声がけをしています。
また、初回来店の2週間後に無料トリートメントを施術しており、
その次回予約の確認や変更がLINEで気軽にできることを伝えれば、お客さまも積極的に友だち登録をしてくれます。
今では再来店用の割引クーポンも必要なくなり、ほぼ100%がLINE@での予約に移行しています。
LINE@と無料トリートメント施策で、次回予約率70%超え、新規顧客の再来店率も60%を維持できています。

利用者を増やすためには

ハガキやメールをお客さまにお送りしていた時の返信はゼロでしたが、
LINE@は「既読」や「ブロック率」などの何かしらの反応を必ず見ることができますし、返信率も5割を超えます。
やるからにはお客さまからの反応が見えるものに、エネルギーをかけるべきだと思います。
LINE@をどのように運用するかさえ決めれば、スタッフもお客さまも使い慣れているツールなので一気に活用が促進できることも大きなメリットです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0
graphity
広告を中心としたグラフィックデザインや、Webデザイン、ブランディングが得意です。流行り物だけでなく古き良きカッコイイものが大好きです!