2020.2.2

design

デザインセミナーを開催しました

グラフィティーでは、毎月必ず学びながらスタッフが思ってる事を共有しようという飲み会を開催しています。
1月はちょっとチャレンジ企画で、外部の人にも参加してもらうデザインセミナーを開催する事にしました。

自分たちだけが学びを得るのではなくて、デザイン業界自体がよくなっていくために、いつもインターンでお世話になっている創造社デザイン専門学校から過去に来てくれた実習生をはじめ、現役の学生にも声をかけてみました。

スタッフ4人に加えて10人くらい集まったら盛り上がるかなと思ってたら。

驚くほど人が来て、全部で22人(汗

オフィスがパンパンです。
他にもデザイン専門学校の先生も参加される予定でしたが、月末で忙しいとの事で次回に持ち越しになりました。

2年前に来てくれてた実習生や、来月から来る実習生。
グラフィティーにインターンを希望してたけど、抽選に漏れた学生など、幅広いメンツが集まって活気がすごい事になりました。

第1部 デザインセミナー

まずは来てもらった学生、グラフィティーのスタッフに対して、デザインについてセミナーを開催しました。
内容は、デザイナーの役割や、これからの社会に求められるデザイナーとは?というテーマで、最近お気に入りのNEW TYPEという人種を絡めて1時間の講演を行いました。
過去にもデザインセミナーを開催した経験があったので、そのファイルをアレンジしました。

司会の吉田が今回のセミナーの趣旨や流れを説明

AD松尾によるデザインセミナー

所属してる青年会議所で覚えたSDGsの内容も少し盛り込みました。

デザイナーがどのような経験を積んでキャリアアップしていくのか。

デザイン専門学校ではデザインツールの操作方法など、基礎的な内容を学んでいるので、今回は現場の話やデザイン思考、デザイナーの役割、デザイナーとはどうあるべきかという話をしました。
ぼくたちデザイナーにとっては当たり前でも、これからデザイナーを目指す学生にとって初耳の事が多かったらしく、満足していただけたようです。

第2部 懇親会

グラフィティーのスタッフや、同じ志を持って頑張っている学生どうしの交流を図りました。

質問の圧がすごくて食事にたどり着けなかった(汗
それだけ真剣に今回のセミナーに参加してくれたという事ですね。ありがとうございます。

セミナーを開催してみて

デザイン専門学校で学べる事は、時間も限られているためほんの一部です。
僕たち現場の人間は、自分たちの売上や利益だけでなく、業界全体がよくなるために積極的に後輩たちに知識を提供しないといけないんだなと感じました。

2月以降も定期的に開催しようかという話になっているので、創造社デザイン専門学校の学生さん、グラフィティーにインターンに来てくれた方お楽しみに。


伝手がないけど参加したいという方は、こちらの問い合わせフォームからご連絡ください。




開催が決まり次第ご連絡差し上げます。

松尾 憲司
アートディレクター兼代表の松尾です。20歳からデザインをはじめて15年以上経ちました。 今までの仕事は広告の制作側が中心でしたが、最近は広告デザインを考える部分を中心に仕事をしています。 仕事は毎日しないといけない事ですが、会社のみんなが仕事を毎日できることの喜びを感じられるように、スタッフとの関係性やオフィス環境の整備を重視して、毎日会社に来るのが楽しくなるような職場づくりにも注力しています。